脳神経外科・健康コラム|水頭症

病院のお話・健康コラム

水頭症について

脳神経外科

 

特発性水頭症

高齢の方で、認知機能の低下、歩行障害、尿失禁を特徴とする疾患です。脳の中に脳脊髄液が貯留し脳を圧迫することにより症状が出現します。CTやMRIで脳室の拡大がみられ特徴的な画像所見を示します。

入院の上、背中から脳脊髄液を抜いて症状が改善するか否かを確認し、改善の可能性がある場合はシャント手術(脳脊髄液を腹腔内に流すチューブを皮膚の下に埋め込む手術)をおこないます。

 

他の、特殊な水頭症に対しては内視鏡を使って脳内での脳脊髄液の循環・吸収をよくする手術を行います。

特発性水頭症

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00