脳神経外科・健康コラム|脳膿瘍

病院のお話・健康コラム

脳膿瘍、脳炎、髄膜炎について

脳神経外科

 

脳膿瘍、脳炎、髄膜炎

脳や脳を取り巻く脳脊髄液に細菌やウイルスが感染すると発症します。重症では生命にかかわります。入院の上、抗生物質や抗ウイルス剤にて治療を行います。

脳膿瘍は、脳の中に膿のたまった状態です。場合によっては手術が必要になります。

 

他の、特殊な水頭症に対しては内視鏡を使って脳内での脳脊髄液の循環・吸収をよくする手術を行います。

脳膿瘍、脳炎、髄膜炎

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00