脳神経外科・健康コラム|硬膜動静脈瘻(dAVF)

病院のお話・健康コラム

硬膜動静脈瘻(dAVF)について

脳神経外科

 

1. 硬膜動静脈瘻(dAVF)とは

硬膜動静脈瘻は、脳の表面をおおう硬膜という膜のなかで、動脈と静脈が直接つながる血管の異常です。動脈の高い血圧が静脈にかかるので、静脈を逆流して症状を出したり、静脈が破れ出血を起こしたりします。ほとんどのものが、後天的な要因で生じると考えられています。

2. 症状・経過

動脈と静脈が交通する場所、どの静脈に逆流するかによって症状は様々です。拍動性の耳鳴り、頭の中の拍動性の雑音、複視、眼球突出、眼球の結膜充血、頭痛などの自覚症状があり、脳出血、くも膜下出血を起こす場合があります。

3. 治療方法

脳の表面の静脈に血液が逆流している場合は、壁の薄い静脈が破れ脳出血を起こす可能性が高く治療が必要です。また、耳鳴りや雑音、目の症状などがある場合も治療の対象となります。

 治療方法としては、血管内治療(カテーテルによる治療)が主に行われます。個々の患者さんによって治療法は、違いますが、動脈から金属製のコイルでつめる方法、静脈から特殊な接着剤でつめる方法、両方を併用する方法などを行います。

3. 治療方法

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00