整形外科・健康コラム|脊椎疾患

病院のお話・健康コラム

脊椎疾患の診断・治療

整形外科

 

変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲脊椎固定術(前方後方同時固定術)

個々の患者様の腰痛の原因に合わせて、腰痛や下肢神経痛・しびれに対して神経除圧術(棘突起縦割式椎弓切除、顕微鏡下椎弓切除術)・脊椎固定術を行っています。当科では低侵襲の前方・後方の脊椎固定術を行っております。術後翌日より歩行が可能となります。入院期間はいずれも1週間~10日間程です。(※個々の患者様の状態により、適宜調整が必要です。)

変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲脊椎固定術(前方後方同時固定術)

腰椎椎間板ヘルニアに対する治療

腰椎椎間板ヘルニアに対する保存治療、椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)、顕微鏡下ヘルニア切除術を行っています。椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)は、椎間板内に椎間板ヘルニアを縮小させる酵素を注入することで椎間板内圧が減少し、腰痛・神経痛が改善する治療方法です。椎間板内酵素注入療法は1泊2日で治療を行っています。顕微鏡下ヘルニア切除術は約1週間~10日間の入院が必要になります。

腰椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術

体動困難な高齢者の腰椎圧迫骨折に対しては早期の経皮的椎体形成術(Balloon kyophoplasty)を行うことにより、早期の歩行再獲得・社会復帰・自宅退院が可能となります。術後翌日より痛みは軽減し、入院期間は数日~2週間ほどです。(※個々の患者様の状態により、適宜調整が必要です。)
腰椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術

頸椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症に対する椎弓形成術

当科では頸椎症性脊髄症・頸椎縦割靭帯骨化症に対して椎弓形成術を行っております。手術時間は1時間30分~2時間程度です。入院期間は約2週間ほどです。(※個々の患者様の状態により、適宜調整が必要です。)
頸椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症に対する椎弓形成術

成人脊柱変形(腰椎後側弯症)に対する脊椎矯正固定術

当科では重度の腰曲がり(後側弯症)に対して二期的な(2回に分ける)脊椎矯正固定術を行っております。本手術治療により、立位保持困難(5分ほどで立っていられなくなる)といった腰曲がりの症状の改善が期待できます。比較的侵襲の大きい手術となります。手術後のリハビリも重要であり、約1か月の入院リハビリ治療が必要となります。
成人脊柱変形(腰椎後側弯症)に対する脊椎矯正固定術

転移性脊椎腫瘍に対する後方除圧固定術

がんの治療中に脊椎転移が生じた場合、麻痺が難治性となり自宅での生活が困難となり、がん治療を続けることが困難となります。当科では症状(腰背部痛・下肢不全麻痺)を有する転移性脊椎腫瘍に対して後方除圧固定術を行っております。がんの種類・脊椎転移の部位によって治療方針を決定することが重要であり、放射線治療を組み合わせることが重要です。
転移性脊椎腫瘍に対する後方除圧固定術

首下がり症候群

高齢者の首さがり症候群に対しての手術治療を行っています。神経内科疾患など基礎疾患の検索が重要です。難治性の場合、手術治療により症状の改善が期待できます。
首下がり症候群

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00