病院のご紹介

健康医学センターのページへ

健康医学センターのページへ

看護部

研修医募集

健康セミナー

放射線検査のご説明

放射線検査のご説明

国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院

診療受付時間

外来受付

AM 8:30~AM 11:00
※診療科により、受付時間が異なる場合が
 ございます。詳しくは各診療科のご案内で
 ご確認ください。

  

休診日

土曜日・日曜日・祝日
開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)
年末年始(12月29日~1月3日)

平成23年4月より全ての土曜日が休診となりました。

インタビュー 医師

森 健太郎 脳卒中・脳神経外科医長

脳神経外科領域に以前から興味がありましたが,協力型初期研修医の2年目に当院に来た折に,横浜市南部の脳卒中連携ネットワークの中心として活動し,市内屈指の数の患者さんの診療が行われていることを知って,後期研修医の期間も勉強したくなって募集に応じました.血栓溶解療法(t-PA療法)治療数や手術件数が多く,充実した研修を行っています.

費用を全額病院が負担する後期研修医留学制度を利用して,脳神経外科と脳神経血管内治療科に6ヶ月間学ばせていただきました.3年間の後期研修中に他施設で診療の経験が出来たことは非常に良い刺激となりました.従来法では治療困難な脳動脈瘤に予めステントを置いてから,そのアシストのもとにコイリングするなどの先進技術を学びました.当院手術部にも血管内治療も同時に行えるハイブリッド手術室がもう直ぐ完成しますので,そのような手技を実施することが出来るようになりたいと思います.

気仙沼市に医療支援に行きましたが,今回の震災被害は「つなみ」が主体でしたので,被災者の方は亡くなるか軽症かで,災害医療というより慢性期の診療が中心となりました.今後は災害が発生したら,12時間以内に出発できる医療チーム立ち上げなどに力を尽くしたと考えています.

    

岩城 卓 循環器内科部長

 医局に入局した際には各専門分野のローテートがまだ行われておらず,内科全般を学び始めしました.内科の中でも手技を身につけ,治療に生かす分野を選びたいと考えていましたが,この時に受け持った患者さんの一人が拡張型心筋症で,心室性頻拍に苦しんでおられたので,そのような患者さんを救うことができないかと思って,この道に入りました.9年前に当院に赴任してきましたが,カテーテル治療は年々進歩しており,以前の自分で出来ないことが出来るようになったことに喜びを感じています.

 タバコが種々の疾患と関係していることは自明であり,卒煙を希望して来られる方の応援をしたいと思っています.貼り薬のみならず,最近では内服薬が販売されたので,治療が一段と行い易くなりました.内服薬には吐き気の副作用がありますが,それを克服出来れば卒煙に成功する人がどんどん出てきました.病院職員の方でも少数ですが,喫煙されている人がおられますので,職員向けの卒煙プログラムも作り,応援して上げたいと思っています.禁煙条例の神奈川県の病院なのですから,敷地内禁煙の徹底化を図ります.

 以前はマリンスポーツとしてスキューバーダイビングを行っていました.100本以上潜っており,海外ではパラオなどでの潜水の経験もありますが,3年前からサーフィンに凝っています.オンコールが外れている週末の土曜日か日曜日のどちらかは湘南の海と風に親しんでいます.

    

野末 剛 循環器内科部長(研修教育センター長)

今年もたくさんの学生さんが当院のブースに来て,説明を聞いてくれました.1-2年だけ世代の異なる初期研修医が当日参加して,当院の研修システムや研修内容を話してくれたことも人気につながっているように感じています.初期研修医にとっては当院は患者さんが多く,上級医が熱心である以外に,総合的にレクチャーを受ける時間を2週おきの土曜日午前中に設けてありますので,丹念に学ぶことができて好評です.

基本的には初期研修医の希望を生かすことを考えています.当院にも3年間のシニア研修がありますので,各科ローテションの初期研修2年間に3年間のシニア専門研修を付け加えることも良いと思います.共済組合連合会(KKR)ですので,シニア研修中は連合会35病院中の他院で1年を限度として国内留学でき,それを選択する人も多いです.今後は共済学会で他の病院でどのような研修が出来るのかを明らかにして,横のつながりを強くして欲しいと考えます.

昨年は溜まっていた研究を英文にまとめようとしましたので,1年で6編上梓できました.市中病院で臨床研究することは大変ですが,これまでの筆頭著者の英文数は15編となります.

    

山田昌代 代謝内分泌科部長

研修医が患者さん診療した際に、自分ならこのようにすると言うことを話すことを基本にしています。例えば、救急外来などで研修医が患者さんの診断を終えた際には必ず指導におもむき、風邪などの簡単な疾病の場合でも、鑑別診断などに関して自分の考えを細かく話すことが評価されたものと思います。

研修医は各科をローテションしますが、学んだことを忘れないようにしてほしいと思います。代謝内科で研修した折には、糖尿病患者の栄養管理が行えた研修医が、他の科に回ったのちには全く忘れたように摂取カロリーなどを訪ねて来るのに驚いた経験があります。自分が将来進路としない診療科に行った場合でも、一生懸命吸収できることは学んで欲しいと思います。絶対に役に立つのですから。

内分泌の研究に行きました。教授が日本人研究助手を雇用してくれたので、2年以上もいたのに英語が上達せず、研究室と同じビルのコーヒーショップに行くと最後まで店員に身構えた表情で迎えられました。

上司選び、配偶者選びが大事と考えます。仕事を理解してくれ、支援してもらえることがありがたいと思います。

橋本和美 麻酔科医長

5月末から4週間あまり行って来ました.20名程度のクラスで日本人は2名だけ,韓国やブラジルの方が多く,外国人の友達が出来ました.市内にある寮から通学して朝から午後4時まで勉強しました.授業のない終末にはブロードウェイや美術館巡りもでき,テネシー州の友人にも合って来れました.今後機会があれば,留学なども考えたいと思います.

麻酔科は専門医になるまでの道筋がハッキリしており,女性医師が多く仕事をしています.当院では上司がこまごまとした事まで気配りをしてくれますので仕事がしやすいと感じています.拘束でない時には自由な時間を持ち,自宅で料理を行なうなどをしています.

交通の便がよく,お買い物をするにも便利でとても過ごしやすいと感じています.自宅の傍には24時間営業の食品スーパーもあるので,車を手放したほどです.冬に雪が降らず,お天気が良いことも気に入っています.

  

久保倉 優香 医員(研修医)

医療界に進むことを小さい時から希望していて,中学校2年生ぐらいまでは看護師を目指していました.その後に,周囲の勧めもあって医師になる道を選びました.中学時代は柔道などのクラブ活動も行っていたのですが,高校時代は医学部受験に集中しました.

昨年1年間一緒に当院で研修を受けた仲間から推されてリーダとなりました.18名の研修医のうち女性は3名と少なく,同期は個性的な人が多いので,どのようにまとめて行けば良いか考えています.大学時代の学年代表,分化部委員長,国際交流会(タイとフィリピン)の世話役,国試対策委員などの経験が生かせればと思いますし,指導医に研修医思いの先生が多いので支援を期待しています.

当院は救急車台数が6000台を超え,一般的な疾病患者さんも多く,沢山のことを学んでいます.昨年度1年間で3回の学会発表を行う機会も得ることが出来ました.2年目にはカテーテル治療に興味があるので循環器内科での研修を追加しているのですが,女性ならではの領域である産婦人科に惹かれる気持ちもあります.1年間考えていきます.  

  

ページトップへ

Copyrightc Yokohama Sakae Kyosai Hospital. All Right Reserved.