乳腺甲状腺外科・健康コラム|乳がんについて1(乳がん検査などについて)

病院のお話・健康コラム

乳がんについて1(乳がん検査などについて)

乳腺甲状腺外科

乳腺・甲状腺外科部長 俵矢 香苗

乳がん検診と健診と乳腺外来

乳がんが心配なときはどうしたらいい?

乳がんは女性の患うがんの中で最も多いがんです。テレビやインターネット上でも著名人の乳がんの話題を見聞きすることが多くなりました。乳がんじゃないか心配なときはどうしたらいいでしょう?

まず乳房をなでるように触ってみましょう。「しこり」や「えくぼのような皮膚の凹み」、「乳頭からの血液混じりの分泌液」などはあるでしょうか? おかしいなと思われる方は乳腺外来を受診しましょう。乳腺外来では患者さんの状態を診察して、必要な検査をして患者さんの訴える症状が乳がんかどうかを診断します。このような症状があるから、「検診に行こう」というのは間違いで、このような症状があるときは必ず乳腺外来に相談にきてください。

上記のような症状がない場合は自治体で行われるマンモグラフィー検診 (40歳以上の方が対象です)や、健保組合で受けられる健診、人間ドックなどで受けられる自費健診を受けましょう。検診や健診ではしこりなどの症状がない方に対して、乳腺外来での精密検査が必要かどうかを判定します。検診や健診で「要精密検査判定」をもらったら、乳腺外来を受診しましょう。乳腺外来で乳がんかどうか診断します。

心配な症状があるとき、検診、健診で要精密検査判定をもらったときは、乳腺外来に診察に来てください。

 

乳腺外来 紹介状がないとダメですか?

紹介状がなくても診察を受けることはできます。ただしその場合、選定療養費として5,500円(2019年10月現在)が初診料とは別にかかります。かかりつけ医や検診施設からの紹介状がある場合には選定療養費は不要です。紹介状は内科や婦人科また歯科などの他の診療科の医院からのものでも問題ありません。検診や人間ドックで「要精密検査」判定だった場合は検診の結果票をお持ちいただければ結構です。

 

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00