初期臨床研修について

Initial Clinical Training

  • HOME
  • 初期臨床研修

同じ志を持つ仲間と一緒に切磋琢磨しましょう

同じ志を持つ仲間と一緒に切磋琢磨しましょう

当院は、許可病床数430床、医師数約110名の横浜市栄区唯一の急性期型病院で、栄区および隣接の鎌倉市を中心とした地域の基幹病院としての役割を担っている2次救急病院であり、救急部を受診する患者数は年間およそ10,000名・救急車台数は約6,000台にのぼります。このため初年度の後半から始まる当直業務では、初期臨床研修で最重要視されるプライマリーケアについて、内科と外科、脳卒中、心疾患4人の当直医と一緒に、幅広く様々な救急疾患について実地で学ぶことができます。

2年間の研修プログラムでは、研修が義務付けられている各科60週を除いた44週については、当院の診療科すべてから自由に選択できるシステムをとっています。そのため、44週全てを内科あるいは、いわゆるマイナー外科を含む外科系を選択できるなど、研修医1人1人の多様な希望にフレキシブルに応えることができます。

Purpose・Goal目的・目標

  • すべての臨床医に共通して求められる、プライマリーケアや救急医療に対応できる基本的な知識(診断能力、治療方針決定能力)・技術を習得する。
  • 医療は患者及び家族との信頼関係の上に成り立ち、種々の医療職員の協力が不可欠であることを理解し、医師にふさわしい態度・倫理観を身につける。
  • 臨床経験を通して医学の進歩に対応する診療能力を自ら開発し得る基礎を養う。
  • 患者さんの立場や医師を尊重し、患者さんの安全を第一に考え、その時代において最良の医療を行えるよう、プライマリーケアの習熟に加えて倫理や安全についても現場を通して学べるプログラムを提供する。
  • 医療の全体構造におけるプライマリーケアや地域医療の位置づけと機能を理解し、将来の実践ないし連携に役立てられるようになるため、診療所で診る患者に疾患や問題が入院患者とは異なることを認識し、病棟における疾患のマネージメントではみられない患者へのアプローチを身につける。

Feature特徴

  • 特徴01

    研修ローテーションは、1年次は、原則として必修科目の研修を行う。内科(循環器・消化器・呼吸器・代謝内分泌・腎臓・脳神経より選択)24週、救急部12週、外科(一般外科・脳外科・胸部外科より選択)4週、小児科、産婦人科、精神科をそれぞれ4週の計52週となる。
    2年次は、4週の地域研修を行い、残りの48週は希望科(研修プログラムが設けられている全標榜科が選択可能)で研修を行う。また、一般外来研修は、内科研修・地域研修と並行して行う。
    研修のスケジュールは、研修医の希望を考慮しながら臨床研修実行委員会にて決定する。

  • 特徴02

    小児科および産婦人科は横浜市立大学附属病院において、
    精神科は積善会曽我病院において、系統的な幅広い研修を受けることができる。

  • 特徴03

    2年次の地域医療においては、横浜市および鎌倉市および沖縄県の中小病院・診療所において、
    プライマリーケアを特に重視したプログラムを提供していく。

  • 特徴04

    当直時以外でも積極的に各科の救急診療に加わり、初期治療、救急処置を習得する。
    担当した患者の剖検には必ず立ち会う。各科ごとに行われている症例検討会、抄読会などの他、医局勉強会、医師会との共催症例検討会、臨床病理検討会、学術講演会に参加し、学会地方会には演者として症例報告する。

  • 特徴05

    研修医の指導は、各科の指導責任者および指導医が責任を負う。また当院では、各科が交互に密接に連携して診療を行っているので、他科へのコンサルテーションは容易である。
    なお、内科系、心疾患、脳卒中、外科系当直医の他に、各科とも24時間オンコール体制をとっている。

Schedule研修のスケジュール

  • 内科

    24週(循環器・消化器・呼吸器・代謝内分泌・腎臓・脳神経より選択)

  • 救急

    12週(救急科及び麻酔科)

  • 外科

    4週(一般外科・脳外科・胸部外科より選択)

  • 12週(小児科・産婦人科・精神科それぞれ4週)

  • 地域

    4週(地域研修)

  • 一般

    4週(一般外来:内科と並行)

  • 選択

    44週(希望科を選択)

1年目

A 内科 内科 外科 救急 内科 救急 救急 内科 内科 内科
B 内科 内科 内科 外科 救急 内科 救急 救急 内科 内科
C 内科 内科 内科 内科 外科 救急 内科 救急 救急 内科
D 内科 内科 内科 内科 内科 外科 救急 内科 救急 救急
E 内科 内科 救急 救急 内科 内科 外科 救急 内科 内科
F 内科 内科 救急 救急 内科 内科 外科 救急 内科 内科
G 内科 内科 内科 救急 救急 内科 内科 外科 救急 内科
H 内科 内科 内科 内科 救急 救急 内科 内科 外科 救急

2年目

A 選択 選択 選択 選択 一般 地域 選択 選択 選択 選択 選択 選択 選択

Voice研修医の声

  • サムネイル画像です

    研修医として積極的に診療に参加できます。

  • サムネイル画像です

    当院の研修医は、全国の大学から集まっていることが特徴です。

  • サムネイル画像です

    研修生活3ヶ月を終えて

Requirements募集要項

プログラム名称並び
に募集定員
プログラム番号 030261104
プログラム名称 横浜栄共済病院臨床研修プログラム
募集人員 6名
出願資格 原則として第115回日本医師国家試験を受験する者、あるいは、医師国家試験に合格し新たに臨床研修を行う者
選考方法 試験日 第1回目 
2020年(令和2年)8月1日(土)  10時より 
第2回目 
2020年(令和2年)8月29日(土)  10時より
第3回目 
2020年(令和2年)9月5日(土)    10時より
 応募者数により、午後になる可能性もあります。
試験場所 〒247-8581 
横浜市栄区桂町132番地 横浜栄病院内
試験内容 面接試験(個人面接)、適性検査
持ち物 筆記用具、受験票、各自必要なもの(交通費申請のための必要書類)
結果発表 医師臨床研修マッチング協議会の最終結果発表による
発表日2020年(令和2年)10月22日(木)
出願について 出願について 第1回目 2020年(令和2年)7月22日(水)必着
第2回目 2020年(令和2年)8月21日(金)必着
第3回目 2020年(令和2年)8月28日(金)必着
出願方法 下記の書類を、横浜栄共済病院総務課宛てに郵送 (簡易書留)
〒247-8581 横浜市栄区桂町132番地
国家公務員共済組合連合会 横浜栄共済病院 総務課宛て
出願書類

A.履歴書(当院指定。ダウンロードしてご記入下さい。)
word形式pdf形式

B.成績証明書
C.卒業(見込)証明書

待遇・その他 常勤又は
非常勤の別
非常勤
研修手当 【1年次】
222,500円/月 各種手当+賞与2回あり
4,000,000円/年(各種手当等含む)

【2年次】
265,000円/月 各種手当+賞与2回あり
6,200,000円/年(各種手当含む)
勤務時間 8:30~17:15(1時間の休憩、時間外勤務あり)
休暇 有給休暇、1年次:12日 2年次:13日
夏季休暇、忌引き休暇、年末年始休暇あり
当直 回数:約3~5回/月
研修医宿舎 あり(単身用)
研修医当直室 あり
健康管理 健康診断 年2回
医師賠償責任保険 個人加入(必須)
社会保険・
労働保険
公的医療保険:全国健康保険協会
公的年金保健:厚生年金
労働者災害補償保険の適用:あり
雇用保険:あり
外部研修活動 学会、研究会への参加:可
学会、研究会への参加費用の支給:あり
アルバイト 研修中のアルバイトは認めない。