診療科・部門|整形外科

診療科・部門

整形外科

診療科・部門からのお知らせ

現在、お知らせはありません。

当科のご紹介

整形外科は運動器の疾患を扱い、運動機能の改善を重要視して治療する診療科です。「運動器」とは、身体の支えになる骨・関節などの『骨格系』、それを取り囲む『筋肉』、これらを支配する『神経系』からなる「体を動かす仕組み」のことです。

 整形外科には、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢では「手外科」と「肩関節外科」、下肢の「股・膝関節外科」と「足外科」、スポーツによる傷害の「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、「骨・軟部腫瘍外科」、「骨粗鬆症」など多数の専門分野があります。

当科では、打撲、捻挫、骨折などの外傷は勿論のこと、脊椎疾患においても早期社会復帰が可能となる安全で低侵襲な治療に努めています。そして、股関節疾患においては前方アプローチ(DAA)による最小侵襲手術を導入しています。

扱う疾患

外傷
骨折 、脱臼、打撲、捻挫など

背椎疾患の診断
頚椎症、脊髄症、神経根症、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、分離症、すべり症など

関節疾患
上肢:五十肩、肩関節周囲炎、肘関節症、上腕骨外上顆炎など 下肢:変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性膝関節症、半月板損傷、変形性足関節症など

リウマチ性疾患
痛風、関節リウマチ(内科と協力し、リウマチ専門医による治療を提供します)

スポーツ障害の診断
疲労骨折、半月板損傷、靭帯損傷など

手の外科
手根管症候群、肘部管症候群、デュピュイトラン拘縮、ガングリオンなど

骨粗鬆症
骨軟部腫瘍の診断
骨肉腫など悪性腫瘍の診断、良性腫瘍などの診断

認定施設等

日本整形外科学会専門医研修認定施設

日本リウマチ学会教育施設

日本手外科学会認定研修施設

アスリートの方へ(アンチ・ドーピング)

当院には公認スポーツファーマシストの薬剤師が在籍しています。
ドーピングには、確信犯的に禁止物質を使用する場合と、不注意で禁止物質を利用してしまう意図しないドーピングがあります。 現在、ご自身が飲んでいるお薬等について、詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
アスリートの方だけでなく、一般のスポーツ愛好家のみなさまからの、アンチ・ドーピングに関する薬の相談を受けています。
薬剤部までご連絡ください。

アスリートの方へ(アンチ・ドーピング)

外来担当医表

午前 常田 剛
坪内 英樹
高橋 直樹
常田 剛
上野 琢朗
坪内 英樹
高橋 直樹
常田 剛
高橋 直樹
坪内 英樹
上野 琢朗
午後 予約検査 手術 予約検査 手術 手術

※原則紹介制
※手外科疾患は完全予約制

医師紹介

  • 常田 剛

    ときた つよし

    常田 剛

    整形外科部長

  • 坪内 英樹

    つぼうち ひでき

    坪内 英樹

    整形外科副部長

  • 高橋 直樹

    たかはし なおき

    高橋 直樹

    医長

  • 上野 琢郎

    うえの たくろう

    上野 琢郎

    医員

  • 白畑 航

    しらはた わたる

    白畑 航

    医員

受診について

診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

診療科一覧に戻る

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00