診療科・部門|放射線治療科

診療科・部門

放射線治療科

診療科・部門からのお知らせ

現在、お知らせはありません。

当科のご紹介

リニアック(Elekta社 Synergy)という高エネルギーX線照射装置を用いて、癌の治癒を目的とした根治照射、再発防止目的の術後照射、骨転移の疼痛軽減や脳転移のコントロールなどを目的とした緩和照射を行っています。臨床各科と密接に連携しながら個々の患者さんに適した高精度放射線治療を提供します。
通常の3次元原体照射(3DCRT)から定位放射線治療(SRT)、強度変調放射線治療(IMRT)が可能です。

内用療法は去勢抵抗性前立腺癌の骨転移、甲状腺機能亢進症に対して関連科と連携して行っています。

特徴

SRTやIMRTに対してはもちろんのこと、緩和照射にも積極的に画像誘導(IGRT)を用いて、副作用を軽減しつつより効果的な高精度照射を行います。
2020年1月より診療放射線技師が2名から3名に増員され、うち2名は放射線治療品質管理士です。また、2020年4月より常勤放射線治療専門医が1名から2名になりマンパワーが充実しました。

前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)について

前立腺癌の治療法には、数ヶ月間隔の採血でPSAの経過観察をするアクティブサーベイランス、ホルモン療法、放射線治療、外科切除があります。

アクティブサーベイランスはおとなしいタイプの前立腺癌が適応になります。
ホルモン療法は始めてから数年は著効しますがいずれは抵抗性になっていきます。ホルモン療法抵抗性になってからの放射線治療は難儀することが多くなります。よって、前立腺癌を根治するには、放射線治療(ホルモン療法を併用することが多い)か外科切除をすることになります。

放射線治療には、外部照射と組織内照射があり、外部照射にも三次元原体照射(3D-CRT)、IMRT、粒子線治療(陽子線、重粒子線)があります。
3D-CRTは直腸線量をうまく低下できないため72グレイ以上の十分な線量を照射できず、ちょっと時代遅れの照射法になっています。肝心の治療成績、治療後15年までのデータでは、外科切除、組織内照射、IMRT、粒子線治療で差はないと考えられています。
リンパ節転移や遠隔転移のない前立腺癌は、病気の進行が一般的にゆっくりです。PSA、グリソンスコア、患者さんの体力などを総合し、担当医とよく相談して治療法を考えましょう。

当院では前立腺癌に対して強度変調放射線治療(IMRT)を実施しています。
詳しい治療内容については下記のリンクページをご覧ください。
当科で行っている転移のない前立腺癌のIMRTについて

乳房温存療法の術後放射線治療について

早期乳癌の標準治療は乳房温存療法です。
乳房温存療法の基本は癌を小さく切除して術後に放射線照射を行うことです。術後照射を行うと、照射しない場合に比べて乳房内の再発が1/2程度に減少し、生存率が向上します。

詳しい治療内容については下記のリンクページをご覧ください。
乳房温存療法の術後放射線治療について


扱う疾患

脳腫瘍
頭頸部癌(歯科口腔外科、耳鼻科領域の癌)
食道癌
肺癌
乳癌
前立腺癌
膀胱癌
子宮頸癌
皮膚癌
など、さまざまな悪性腫瘍

外来担当医表

午前 阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
午後 阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之
朝比奈 泰斗
阿部 達之 阿部 達之
朝比奈 泰斗

※完全予約制
※緊急時要連絡

医師紹介

  • 阿部 達之

    あべ たつゆき

    阿部 達之

    放射線治療科部長

  • 朝比奈 泰斗

    あさひな たいと

    朝比奈 泰斗

    医長

受診について

診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

診療科一覧に戻る

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00