診療科・部門|泌尿器科

診療科・部門

泌尿器科

診療科・部門からのお知らせ

現在、お知らせはありません。

休診情報

  • 休診情報はありません。

当科のご紹介

泌尿器科は尿および性器に関する領域 ( 泌尿生殖器 ) で、主に外科的処置が必要な疾患を中心として診る診療科です。
具体的に取り扱う臓器は、腎臓、膀胱、陰茎、尿管(腎臓と膀胱をつなぐ管)、尿道 (膀胱より下部、陰茎先端までの尿が通る部分)、陰嚢、精巣、前立腺などです。

主な扱い疾患と治療方法について

前立腺癌
前立腺癌の早期発見に最も優れた検査は PSA 採血です。 PSA 、直腸指診、超音波断層検査の結果などから、前立腺癌の疑いがあれば前立腺針生検を行います。

前立腺生検では、経直腸的超音波ガイド下に前立腺を穿刺して組織を採取し、病理組織学的に癌細胞の有無について調べます。検査は通常二泊三日の入院で麻酔をかけて疼痛の少ない状態で行い、検査結果は退院後10日前後の外来で説明しています。

病理組織学的に癌と診断されれば、まずは胸腹部CT、前立腺MRI、骨シンチで臨床病期診断を行い、PSA値、年齢、癌の悪性度などの結果に基づいて治療法を相談、検討してゆきます。
前立腺限局癌で75~80歳以下で元気な方であれば根治的前立腺全摘除術の適応となります。一方前立腺限局癌であっても80歳以上の方や心臓が弱いなど合併症のある方や、前立腺被膜外浸潤のある方は放射線治療が適応になります。転移を認める場合には内分泌療法を行い継続してゆきます。放射線外照射は当院の放射線治療科にてIMRTと同等の機械で治療を行います。小線源療法を希望される方は大学病院へ紹介しています。

2017年より腹腔鏡を用いて前立腺の手術を行っており、開腹手術に比べて出血量は少なく、術後の疼痛も比較的軽微で入院期間も短縮しました。手術後の腹圧性尿失禁は術後半年には10%以下で極少量の方がほとんどです。

PSA 値が高い方や漸増する方は、泌尿器科受診をお勧めします。

前立腺肥大症

前立腺肥大症の程度の評価(超音波検査、尿流量測定、残尿測定)および前立腺がんのスクリーニング(直腸診、PSA採血)を行います。

そのうえで薬物療法を中心とした治療を検討します。 薬物治療にも関わらず排尿障害が残存し尿閉(でなくなってしまう状態)を来す場合や、残尿が多い方や薬の効果が期待できない場合はTUR-P(経尿道的前立腺切除術:約10日程度の入院)を行っております。

腎細胞癌

腎細胞癌の手術は根治的腎摘除術を原則としますが、腫瘍径が 4cm 以下で腎外に突出している場合は、腎温存手術(腎部分切除術)も行っています。

腎盂・尿管癌

腎盂・尿管腫瘍は、まず尿路造影・腎盂尿管尿の採取にて尿細胞診検査を行い、必要に応じて尿管鏡視下生検を施行し可能であれば悪性腫瘍の細胞診・組織診断を得てから腹腔鏡併用腎尿管全摘除術を行うようにしています。

膀胱癌

膀胱癌のうち上皮内癌は膀胱内 BCG 注入療法を行い、好成績をあげています。表在性膀胱癌は経尿道的膀胱腫瘍切除術を行い、一方、浸潤性膀胱癌は膀胱全摘除術および尿路変更術を行っています。また、壁外浸潤を有する場合には、手術前後に癌化学療法を行っています。尿路上皮癌は無症候性血尿をきっかけに発見されることが最も多いため、顕微鏡的または肉眼的に拘らず、血尿陽性例は早めの泌尿器科受診をお勧めします。

腎尿路結石

尿管結石は側腹部から下腹部にかけての激しい疼痛を伴いますが、結石は意外に小さいことも多いです。無症状のこともあり水腎症の精査やレントゲン検査などで偶然発見されることもあります。発見されないまま水腎症の状態が長期間続くと腎機能障害を招きます。

一般に、 4mm 以下の尿管結石は、痛み止めで痛みを抑え、様子を見ることができれば自然排石することが多いです。 5-8mm の尿管結石は1~2ヶ月経過をみて、排石しなければ 外科的治療をお勧めします。 9mm 以上の結石は痛みが軽度でも自然排石の可能性が低いため腎機能障害を起こす前に外科的治療を行うことをお勧めします。結石治療は腎機能を温存するために行うと言ってもよいでしょう。

当院では2017年よりレーザー結石破砕装置を導入し、腎尿管結石はレーザーによる経尿道的結石破砕術(TUL)と体外衝撃波結石破砕術( ESWL )を症例に応じて選択して行っております。

経尿道的結石破砕術(TUL)はレントゲンでは不明瞭な結石、やや大きめの結石、結石性腎盂腎炎後等でステント留置後の尿管・腎結石を対象として、通常3泊4日入院、全身麻酔可能な方で結石をレーザーで砕石し回収をすることにより、確実性の高い結石除去率を希望される患者さんに行っています。

体外衝撃波結石破砕術( ESWL )は腎・尿管ともに10mm以下かつ、レントゲンで確認可能な比較的硬くない結石を対象として1泊2日(場合によっては日帰り)の短期間の入院希望の患者さんに行っております。

膀胱結石は内視鏡を用いた膀胱砕石術を行っています。

外来担当医表

午前 長島 政純
喜納 悠斗
交代 長島 政純
春日 純
交代
長島 政純
春日 純
春日 純
山下 大輔
午後 喜納 悠斗 手術 予約検査
結石破砕術
予約検査
結石破砕術
山下 大輔

医師紹介

  • 長島 政純

    ながしま まさずみ

    長島 政純

    泌尿器科部長

  • 春日 純

    かすが じゅん

    春日 純

    医長

  • 山下 大輔

    やました だいすけ

    山下 大輔

    医員

  • 喜納 悠斗

    きな ゆうと

    喜納 悠斗

    医員

受診について

診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

診療科一覧に戻る

  • 外来受付

    AM 8:30~AM 11:00

    診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
    詳しくは各診療科のご案内でご確認ください。

  • 休診日

    土曜日・日曜日・祝日

    開院記念日(7月15日に一番近い水曜日)・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 面会時間

    PM 2:00 ~ PM 8:00